ひび割れ測定 かんたんひび割れ調査システム"オートくん"

NETIS 登録商品‼ SK-160008-A

コンクリート構造物などに発生しているクラックを電子顕微鏡とタブレットを用いて効率的に撮影し、クラック幅を正確に測定できる技術です。
また、クラック幅の測定値と写真より調査報告書と写真帳が簡単に出力可能です。
タブレットの活用でクラックスケール不要‼

現場での作業はクラック箇所に電子顕微鏡を押し当てるだけ。クラック幅はピクセル数で管理します。
もうクラックスケールは必要ありません。
撮影した写真のクラック幅をなぞるだけ‼

事務所に戻った後は...
①撮影した写真を取り込む
②クラック管理番号入力
③クラック幅をマウスでなぞる
④全景写真などの関連付け
これだけでOK‼
クラック幅は画面上をマウスでなぞるだけで確認できます。
もちろん、写真をズーム表示しながら、測定誤差を最小限に抑える配慮も対応しています。
提出書類も充実‼
ワンクリックで調査報告書と写真帳が出力可能です。ひび割れ本数・総延長・最大ひび割れ幅・最大ひび割れ長さ...1つの点検作業の総括表も自動的に出力されます。
立ち合い検査にもタブレットで対応‼

画面上に「電子クラックスケール」も表示可能。立会検査等で、確認ができるよう対応しております。この精度ももちろん0.025mm。