吹付け添加水定量供給システム

本システムは、補修モルタルや耐火材の乾式吹付け時のノズルでの添加水量を正確に管理するために開発されました。
送水距離や高低差により圧力が変動しても、設定した流量の水を定量供給するよう、送水ポンプを自動制御します。
管理する液体は清水以外にも、エマルションやグラウトなど粘性があるものも可能です。

基本性能

・機器構成:流量制御装置、流量検出器
・電源:AC200V  3相
・ポンプ駆動出力:2.2kw 200V
・仕様はご要望に応じます。

適合機種・工事

・Aliva-257、Aliva-267、その他
・乾式吹付け、グラウト注入
・コンクリート補修
・法面・緑化
・岩盤補強
・トンネル・立坑支保工
・耐火材